淡路島

モデルコース

1泊2日コース

はじまりの島コース

古事記・日本書紀によると、おのころ島で夫婦となった伊弉諾尊・伊弉冉尊の二柱は日本列島の島を次々と生んでいきます。その中で最初に生まれた島が淡路島であると記されています。
日本のはじまりである淡路島で培った歴史と文化、そして自然を巡る1泊2日コースです。
 

A絵島

「国生み神話」に登場する「おのころ島」伝承地のひとつ

淡路島の北端に浮かぶ島。長年の風波によって造り出された美しさから「おのころ島」伝承地のひとつにも。夜には島全体がライトアップされ、幻想的な光景が楽しめます。

15分

Bあわじ花さじき

空と海、広大な美しい花のパノラマ

明石海峡・大阪湾を背景に、約15ヘクタールにわたって広がる四季折々の大パノラマは、淡路島を代表する絶景ポイント。開花状況は、事前にホームページでチェック。

30分

C五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡

弥生時代後期 鉄器づくりが行われていた村の遺跡

弥生時代後期に鉄器づくりを行っていたとされる、丘の上につくられた村の跡。復元された当時の住居跡では、鍛冶体験などでき、弥生時代にタイムスリップ。さらに、高台から見渡す播磨灘は絶景。
25分

D伊弉諾神宮

伊弉諾尊と伊弉冉尊の二柱を祀る日本最古の神社

国生み神話に登場する伊弉諾尊と伊弉冉尊の二柱を祀っています。境内は国生みに始まるすべての神功を遂げた伊弉諾尊の神宅の旧跡と伝えられ、神々しい趣で参拝者を迎えてくれます。

40分

E滝川記念美術館「玉青館」

世紀の大発見!松帆銅鐸7点が展示されている美術館

現代南画の美術館である玉青館では、現在、2015年に南あわじ市内で見つかった松帆銅鐸7点を展示。世紀の大発見として注目を集める松帆銅鐸の研究結果も同館で紹介しています。

10分

F慶野松原

万葉の時代から人々を魅了してきた景勝地

慶野松原は、古くは柿本人麻呂らにより「万葉集」に詠まれた風光明媚な景勝地。約5万本の淡路黒松と、約2.5kmにのびる白い砂浜は瀬戸内海でも随一の白砂青松で、「日本の夕陽百選」にも指定。松越しに見る瀬戸内海の夕日はまさに絶景。

宿泊

G土生港・沼島汽船

淡路島と沼島を結ぶ航路

土生港にある沼島ターミナルセンターでは、沼島行きの客船(沼島汽船)が、1日10便出航しています。所要時間は10分。

10分

H沼島

勾玉の形をした国生み神話ゆかりの島

国生み神話で、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」伝承地のひとつ。特に、海面から高さ30mにそびえ立つ奇岩「上立神岩」は沼島のシンボルとして親しまれており、伊弉諾尊と伊弉冉尊が婚姻を行ったという「天の御柱」だと言い伝えられています。船で沼島を一周するおのころクルーズや、ボランティアガイド「ぬぼこの会」による案内で、島の満喫度アップは間違いなし!

10分 土生港・沼島汽船
30分

I淡路人形座

約500年の歴史を持つ伝統芸能「淡路人形浄瑠璃」

約500年の歴史があり、国指定重要無形民俗文化財に指定されている「淡路人形浄瑠璃」の常設公演を行う「淡路人形座」。2018年と2019年に行ったフランス公演で高い評価を得たほか、ミシュラン・グリーンガイド兵庫において二つ星にも選ばれています。

2分

J道の駅福良・うずしおドームなないろ館

食べ歩きやお土産が充実の道の駅!旅の疲れはゆっくり温泉の足湯で!

鳴門海峡の渦潮を間近で見ることができるうずしおクルーズの乗船場があるほか、潮崎温泉の足湯「うずの湯」や地元で獲れた新鮮な魚介類の海鮮料理店、土産物屋も並んでいます。
近くにある新鮮で美味しい特産品を売っている福良マルシェや、テイクアウトできる飲食店が並ぶ福良マルシェもぜひ立ち寄って。
共有