淡路島

モデルコース

南部エリアコース

淡路島南部の観光施設を車で巡る日帰りコース(総距離約27km)。牛とのふれあいができる淡路島牧場から始まり、瀬戸内海随一の白砂青松の散策、淡路瓦の粘土を使った作品作り、世界最大級の渦潮を楽しむクルーズ、世界的建築家設計の建造物見学と眺望が体験できます。ほかにも、淡路ファームパークやおのころ島神社、道の駅うずしおなどがおすすめ。

 

A淡路島牧場

牛たちとふれあいながら牧場体験

自然豊かな牧場。乳しぼり体験やバター作り体験のほか、子牛にミルクを飲ませてあげる体験などにチャレンジできます。
また、新鮮な牛乳・乳製品をはじめ、牧場で直製造のソフトクリームなどの販売や、牛乳の試飲コーナーもあります。

 

20分

B慶野松原

万葉の時代から人々を魅了してきた景勝地

慶野松原は、古くは柿本人麻呂らにより「万葉集」に詠まれた風光明媚な景勝地。約5万本の淡路黒松と、約2.5kmにのびる白い砂浜は瀬戸内海でも随一の白砂青松で、「日本の夕陽百選」にも指定。松越しに見る瀬戸内海の夕日はまさに絶景。

10分

C安冨白土瓦

淡路瓦の粘土を使った作品作りとかわら焼が味わえる

日本の瓦をテーマに工場見学をはじめ、さまざまな瓦の体験ができます。特に淡路島の瓦粘土を使った作品づくりや、猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク)を瓦で焼くかわら焼きが人気です。

15分

Dうずしおクルーズ 咸臨丸・日本丸

世界最大級の渦潮を間近で見ることできるクルーズ

道の駅福良から出航しているうずしおクルーズ。大型船に乗って、迫力ある渦潮や潮流を間近で見ることができます。
渦潮の大きさや期待度は、うずしおクルーズのホームページで旅の前にチェック!
10分

E大見山・若人の広場

世界的建築家・丹下健三氏の幻の作品&鳴門海峡を眺望できるスポット

太平洋戦争において、学業半ばで軍需工場での生産に動員され亡くなった学徒ら約20万人を追悼する施設「若人の広場」。世界的建築家である丹下健三氏が設計した高さ25mの「記念塔」が大見山にそびえ立っています。
福良港を見下ろす高台に位置する若人の広場からは鳴門海峡を眺望でき、夕日を望めるビューポイントとしても人気。
共有