ニュース&トピックス

  • 2019.01.06
  • この情報をシェアする

市民工房の歴史 鐘紡(カネボウ)洲本工場を知る

 昨日から常設展「市民工房の歴史 鐘紡(カネボウ)洲本工場を知る」が始まりました。

市民工房は、明治時代に建設された〝鐘紡洲本工場第二工場〟の跡地の〝洲本アルチザンスクエア〟にあります。

明治から昭和にかけて、この地では数々の工場や寄宿舎、幼稚園や女学校などが建てられ、多くの人々が働いていました。

時代の移り変わりとともに紡績工場はその役目を終えましたが、この展示では、創業時の風景や工場跡地の現在の写真、工場の年表などで歴史をたどっています。

【会期】平成31年1月5日(土)より

【時間】午前9時〜午後5時(金・土は午後8時まで)

【場所】4階〜3階スロープ
※4階からお入りください(3階までスロープ展示)

【休日】毎週木曜、毎月29〜31日

おすすめイベント

トロピカルガーデンショー

わくわく昆虫フェスタ

ささら踊り

ページトップへ