モデルコース

自然と神話のコース・北淡路

淡路島は「花の公園島」

淡路島は「花の公園島」と言われるように、一年を通して様々な花を鑑賞できる施設が整備されています。

雄大な自然の「国営明石海峡公園」に「あわじ花さじき」やお香発祥の淡路島ならではの香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」など、様々に趣向が凝らされています!

国生み神話の浪漫を味わいながら、咲き誇る花々を愛でることで、生命の息吹を感じてみてください!

※淡路ハイウェイオアシスへいくには、東浦ICより縦貫道へお入りください。

合計SPOT:6ヵ所 >>コースマップを見る

Point:a

伊弉諾神宮

『古事記』・『日本書紀』の冒頭「国生み神話」に登場する、国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社です。『古事記』・『日本書紀』に記載がある中では全国で最も古い神社で、淡路国一宮として古代から全国の掌敬を集めています。延喜式名神大社、三代実録神格一品、旧官幣大社で兵庫県唯一の「神官号」を宣下された神社です。

『古事記』・『日本書紀』には、国生みに始まるすべての神功を果たされたイザナギ尊が、御子神である天照大御神に国家統治の大業を委譲さ れ、最初にお生みになられた淡路島の多賀の地に、「幽宮」を構えて余生を過ごされたと記されています。その御住居跡に御神陵が営まれ、そこに最古の神社と して創始されたのが、伊弉諾神宮の起源です。地元では「いっくさん」と別称され日之少宮、淡路島神、多賀明神、津名明神と崇められています。

a
Point:b

パルシェ香りの館/香りの湯

香りの館・香りの湯・特産館からなる「香り」に特化したテーマパーク。フクシアの花が咲き誇る大温室やキャンドル・香水作りなど手づくり体験のできる香りの体験コーナー、特産の線香・お香など香りグッズを取り扱うハーブショップ、和・洋レストラン、日帰り入浴可能な温泉、宿泊施設があり、季節に応じてハーブの摘み取り体験も可能です。香りとふれあう癒し空間で、ゆったりした一日を過ごす事ができます。

毎週土・日曜日に直売「いちのみや」定期市を開催しています。

あわじ花へんろ第20番札所 (通年:四季の花、ハーブ)

ローズマリーやセージなど100種類を越えるハーブが栽培されているほか、四季の草花が植えられており、丘の上からの迫力ある景観は見もの。また、大温室にもハーブや40種類以上のフクシアが展示されていて自由に見学することができます。

 

香りの体験

香りの館では、オリジナル香水をはじめ、ハーブの精油抽出体験、香りのジェルキャンドル作り、石鹸、お香作りなど、様々なアロマ体験メニューが揃っています。

 

香りの湯

香りの湯では、ラベンダーやローズマリーなどの四季折々のハーブの香りを楽しみながら、播磨灘を一望できる露天風呂を楽しめます。日帰り入浴も可能で、ハーブ料理の味わえるレストラン、宿泊設備も併設しています。

 

レストラン ベルレーヌ

淡路島ブッフェ

「野菜のおいしい食べ方を知ってほしい」という思いから、農家直伝の淡路島の家庭料理を再現。淡路島野菜を中心にしたメニュー約50種類をブッフェ形式でご提供しております。

ランチタイム 11:00~14:30

大人1,575円 小人787円(3才以上12才未満)

定休日:火曜日

 

和食処「かおり」

淡路宝楽焼き茶づけ※会席料理にて(第9回淡路島創作料理コンテスト審査員特別賞)

淡路島3年とらふぐ(2日前までの予約)、お問合せください。

 

ご当地アイス

ラベンダソフトクリーム・ローズソフトクリーム 

 

島スイーツ

淡路島いちじくソフトクリーム(期間限定8月中旬~)

 

淡路島バーガー

ハーブバーガー

 

淡路島ぬーどる

野菜たっぷり猪豚淡路島ぬーどる

淡路島特産の猪豚を島内外の方気軽に味わっていただこうと「手延べ麺・淡路島ぬーどる」で野菜がたっぷりのスープスパゲティー状態に仕上げました。

 

淡路島牛丼

淡路牛ハーブステーキ丼※みそ汁・小鉢・漬物付き

淡路牛独特の旨味と自家製ローズマリーの爽やかな香りを組み合わせたどんぶり

 

淡路島の生しらす

しらすかき揚げ

  地元の食材を使って新鮮な生しらすをかき揚げにしました。梅塩とゆず塩の2種類で召し上がってください。

 

b
Point:c

あわじ花さじき

あわじ花へんろ第13番札所(通年:四季の花)

あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地域の頂上部 に位置し、大阪湾に面したなだらかな高原には季節の花々が美しく咲き誇ります。明石海峡・大阪湾を背景に、約16ヘクタール(甲子園球場の4倍)の広大な 花のパノラマが広がる光景は、淡路島の豊かさを代表しているようにも思えます。春の菜の花、夏のバーベナ、秋のコスモスなど、季節ごとにその表情を変える 花畑は、来訪者を絶えず楽しませています。淡路花博開催時は、会場と人気を二分する程の評判でした。また、園内には休憩のできるハウスや農産物の直売所も 設置されています。

 

c
Point:d

岩樟神社

淡路島の北端、岩屋港の向かいの恵比須神社奥、岩屋城跡がある城山の崖下の洞窟に祀られた神社。イザナギ・イザナミの二柱の神の間に最初に生まれた、蛭子命(ひるこのみこと)。

エビス様蛭子命は、体がうまくできあがっていなかったために、葦舟にのせられて流されてしまったという神様です。その舟が流れ着いた場所が神戸の「西宮のエビスさん」、つまり西宮神社であり、 西宮のエビスさんの本家は岩屋であるという伝説があります。

また地元では、この洞窟はイザナギ尊のかくれられた幽宮(かくりのみや)であるとも伝えられています。洞窟には、古の祭壇の趾があり、ここは、現在でも祭器や御神体等の古びた物の納受場所になっています。

御祭神:イザナギ尊、イザナミ尊、蛭子命

d
Point:e

淡路島国営明石海峡公園

立体的にデザインされた関西最大級の花壇が見どころ。平成12年に開催された「淡路花博ジャパンフローラ2000」の会場でもあり、チューリップ、アジサイ、コスモス、クリスマスローズなど、四季折々多くの花々が楽しめる。
年間を通して様々なイベントも催され、特に春のチューリップやムスカリなどの球根植物が織り成す一面の花壇は圧巻です。大規模花壇だけでなく、他では見ることの出来ない珍しい花が傍に咲く散策路など、様々な形で花をお楽しみいただけます。

 

あわじ花へんろ 第3番札所
 通年:四季の花(チューリップ・あじさい・コスモスなど)

空と海のパノラマが広がる園内は、季節の草花や木々によって景観を多彩に変化させる。特に春のチューリップやムスカリなどの球根大花壇は関西最大級で見応えあり。
芝生広場にある大型複合遊具「夢っこランド」は風・水・花をテーマとして150もの遊具がつながる、子どもたちに大人気のスポット。

e
Point:f

淡路ハイウェイオアシス

神戸淡路鳴門自動車道の淡路SAに連結されている日本最大級のハイウェイオアシス。中心となるオアシス館は、花と緑のアトリウムを中心に、レストラン、売店などの施設を備えています。

令和2年3月29日より、淡路ハイウェイオアシスへ直結する淡路北スマートICが開通!これまでは淡路ハイウェイオアシスや淡路SAへ立ち寄るには東浦ICから入る必要がありましたが、直接アクセスが可能になりました!

あわじ花へんろ 第1-2番札所
 四季の花
高速道路と直結し緑豊かな広い園内には、季節の花々の花壇をはじめ、5月にはカリステモンがブラシの形をした真っ赤な花を咲かせるなどテラスガーデンをめぐる散策などを楽しめます。
館内には6本の巨大なベンジャミンが圧巻で、一年中緑豊かな空間では、明石海峡大橋を眺めながらの食事やショッピングもできます。
(あわじ花へんろの問合せ)
ハイウェイオアシス管理事務所 ☎0799-72-5366

f

コースマップ

スポット一覧

  • A.伊弉諾神宮
  • B.パルシェ香りの館/香りの湯
  • C.あわじ花さじき
  • D.岩樟神社
  • E.淡路島国営明石海峡公園
  • F.淡路ハイウェイオアシス

ページトップへ