観光情報

紅葉

9件中件目~件目を表示しています。

旧益習館庭園

  • 洲本市
  • カテゴリ:紅葉

旧益習館庭園

徳島藩の筆頭家老であった、稲田氏によって江戸時代前期につくられた庭園だとされています。稲田氏が下屋敷に別荘(西荘と呼びました)を建てた際に、庭園をつくったのが始まりとされています。その後、稲田氏の学問所が西荘に移ってきました。この学問所を「益習館」と呼びました。益習館では、儒学や漢学のほか、兵学...

浅野公園

  • 淡路市
  • カテゴリ:紅葉

浅野公園

あわじ花へんろ第11番札所(4月:サクラ、11月下旬:紅葉) ゆるやかな斜面に位置する公園で、春には園内に桜が咲き乱れ、花見やハイキングを楽しむ家族連れでにぎわいます。園内にある落差15mの「不動の滝」は、万葉集に「浅野の滝」と詠われた古くからの名所で、特に紅葉の時期が美しく、滝を覆うよ...

東山寺

  • 淡路市
  • カテゴリ:紅葉

東山寺

東山寺は、嵯峨天皇の弘仁10年(820)、弘法大師がイザナギ神宮の鎮護と庶民信仰の中心として開祖された、由緒ある寺。かつては今の奥の院の麓に伽藍が建ち並んでいましたが、戦国時代に不慮の火災で全焼し、その後466年を経て、弘安8年(1286)、現在の場所に再興されました。 本堂及び山門は室...

常隆寺

  • 淡路市
  • カテゴリ:紅葉

常隆寺

常隆寺は常隆寺山の最高峰伊勢の森頂上近くにあり、北淡路随一の名刹。 県の天然記念物であるスダジイやアカガシの群落に包まれ、豊かな自然が残っている。 寺の縁起によれば、かつて行基が攝津麻耶山で在錫中、西南の方角に、紫雲がたなびき、光明が放たれるのを見た。そこで淡路に渡り、この山へ登ってくる...

妙勝寺

  • 淡路市
  • カテゴリ:紅葉

妙勝寺

建武3年(1336年)、楠木正成と新田義貞に敗れて京を追われた足利尊氏が、九州に落ちのびる途中に立ち寄った寺。沖で風待ちのため船を泊め、山上の燈火を見て、その場所を尋ねたところ、妙勝寺と説明された尊氏は、『妙勝』とは軍勝利を得るべき前兆であると喜んで、太刀一振を寄進し必勝を祈願。その甲斐あってか...

先山・千光寺

  • 洲本市
  • カテゴリ:紅葉

先山・千光寺

イザナギ・イザナミの二柱の神が国生みの際に一番始めにできた山ということから「先山」と名付けられたと伝えられています。先山の頂上につくられ、淡路四国八十八ヶ所第一番の札所になっている千光寺や天の岩戸に姿を隠した天照大神を祀る岩戸神社などがある「国生み神話」ゆかりの地です。 千光寺の境内には...

成相寺

  • 南あわじ市
  • カテゴリ:紅葉

成相寺

成相寺は、淡路島に流されてきた高野山の実弘上人が、高野山を模して建立したと伝えられています。本尊の薬師如来立像(国重要文化財)は平安初期のもので淡路島最古の仏像とされ ています。境内のイブキは実弘上人のお手植えであると伝えられ、市の天然記念物に指定されています。 「蛇磨岩」 その...

岩上(いわがみ)神社/4月:春祭り

  • 淡路市
  • カテゴリ:紅葉

岩上(いわがみ)神社/4月:春祭り

あわじ花へんろ第58番札所(4月上旬ヤマザクラ・12月上旬モミジ・12月上旬イチョウ) 巨石信仰の神社として有名。秋には境内で美しい紅葉が見られます。室町時代の創建と伝わる岩上神社の本殿は、県指定重要文化財に指定されています。平成15年には3年に及ぶ解体修理が終わり、室町時代の様式を伝え...

名号石(みょうごいし)

  • 洲本市
  • カテゴリ:紅葉

名号石(みょうごいし)

あわじ花へんろ第59番札所・モミジ(11月上旬) 知る人ぞ知る紅葉スポット 本尊である名号石に「阿無阿弥陀仏」と刻まれているのは、弘法大師が刻んだものと伝えられています。 陀仏川(だぶつがわ)の源流に位置し、近くの住民や会社員の散歩コースとなっており、渓流に映える多数の大...

9件中件目~件目を表示しています。

カテゴリ一覧

■見る・巡る

■遊ぶ

■泊まる

■温泉

■グルメ

■買い物

■その他

ページトップへ