観光情報

  • カテゴリ:自然・景勝地
  • この情報をシェアする

感応寺山

感応寺山

南あわじ市倭文松尾山(感応寺山)

この地域で最高峰の感応寺山の頂上にあり、天平年間に名僧行基が当地に訪れ、お告げにより観音像を彫り開基したと伝わる名刹です。元中5年の大火により感応寺の伽藍は全て焼失してしまいましたが、観音像だけは浜辺で発見され無事であったという伝説があります。感応寺山は別名松尾山とも呼ばれ、緑地域における最高峰の山です。山頂の感応寺は西淡地域の松帆 ( まつほ ) 感応寺 ( かんのうじ ) ともゆかりの深い由緒ある寺で、 高山参りの名所として古くから親しまれています。広く周辺を見渡す山頂へは、県立淡路ふれあい公園から登山道が続いており、気軽にハイキングを楽しむことができます。

 

住所 〒656-0161 兵庫県南あわじ市倭文土井
TEL 0799-43-5221
備考

 

問い合わせ: 南あわじ市役所商工観光課

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

カテゴリ一覧

■見る・巡る

■遊ぶ

■泊まる

■温泉

■グルメ

■買い物

■その他

ページトップへ