観光情報

  • カテゴリ:歴史・神社仏閣
  • この情報をシェアする

岩樟神社

岩樟神社

淡路島の北端、岩屋港の向かいの恵比須神社奥、岩屋城跡がある城山の崖下の洞窟に祀られた神社。イザナギ・イザナミの二柱の神の間に最初に生まれた、蛭子命(ひるこのみこと)。

エビス様蛭子命は、体がうまくできあがっていなかったために、葦舟にのせられて流されてしまったという神様です。その舟が流れ着いた場所が神戸の「西宮のエビスさん」、つまり西宮神社であり、 西宮のエビスさんの本家は岩屋であるという伝説があります。

また地元では、この洞窟はイザナギ尊のかくれられた幽宮(かくりのみや)であるとも伝えられています。洞窟には、古の祭壇の趾があり、ここは、現在でも祭器や御神体等の古びた物の納受場所になっています。

御祭神:イザナギ尊、イザナミ尊、蛭子命

住所 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋 
TEL 0799-72-3155
備考

お問合せ先:石屋(いわや)神社

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ