観光情報

  • カテゴリ:お祭り
  • この情報をシェアする

開鏡山観音寺/1月:湯立て神楽

開鏡山観音寺/1月:湯立て神楽

約1170年前、弘法大師が開基したと伝わり、現在は淡路西国三十三ヶ所霊場の結願所として知られます。本尊聖観世音菩薩は、約千二百年前のものといわれています。本堂の裏山の頂上に、大師が祀ったという三宝荒神があります。

境内には名馬「生月」の碑 があります。「生月」は 宇治川の合戦で活躍した佐々木四郎高綱が乗っていた馬で、開鏡寺周辺がその産育地だったと言われています。北淡路の山地は、藩政時代から牛馬の放牧が盛んなところで、明治維新後もその伝統を引き継ぎ、 軍馬を産出していました。

「湯立て神楽」

毎年1月第3日曜には400年の歴史をもつ湯立て神楽が行われ、煮えたぎる釜の湯を笹の葉を使って浴び、無病息災が祈願されます。この祭礼は、山伏の修験道から生まれたもので、行者が笹の葉を使って煮えたぎる釜の湯を気合いとともに浴びるというものです。この湯がかかると一年間無病息災で暮らせるという言い伝えがあり、毎年多くの参詣者で賑わいます。開催日:毎年1月第3日曜日

住所 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋2109
TEL 0799-72-2020
備考

アクセス:岩屋港から車で10分、歩いて約50分
 

お問い合わせ先

平日:0799-72-2020(高雄山観音寺)

土日:0799-72-3114(開鏡山観音寺)

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

お知らせ

カテゴリ:祭り

淡路島観光協会さん

投稿者
淡路島観光協会さん

投稿日時:2013年01月12日 09:25:13
平成25年1月20日(日)に行われます「湯立まつり」

淡路市岩屋地区の開鏡山観音寺では、無病息災,五穀豊穣、商売繁昌,大漁を祈願して「湯立まつり」が行われます。
今年は1月20日(日)午後1時から行われ、福引や餅まきなどがあります。
送迎は岩屋ポートビル前からマイクロバスが出ます(11時~14時)。

カテゴリ一覧

■見る・巡る

■遊ぶ

■泊まる

■温泉

■グルメ

■買い物

■その他

ページトップへ