観光情報

  • カテゴリ:歴史・神社仏閣
  • この情報をシェアする

石屋(いわや)神社

石屋(いわや)神社

御祭神は、國常立尊・伊弉諾尊・伊弉冉尊。

天地大明神とも、岩屋明神、絵島明神とも呼ばれた神社です。

もとの鎮座地は、現在地の300m北にある三対山(城山)で、後土御門天皇の御代、大内義興による築城の際に、現在地に遷座させられました。神功皇后三韓征伐のおり、対岸の明石垂水の浜で風波にあわれ、渡海に難渋し、風待ちのため岩屋に着岸。三対山上の石屋明神に参拝し、戦勝を祈願され、「いざなぎやいざなみ渡る春の日にいかに石屋の神ならば神」と詠じ給うと、風波が止み、海上は静まったという言い伝えがあります。

春分・秋分の日には、社殿で鳥居の中央から昇る日の出を見ることが出来ます。また淡路に3つしかない、干支をあしらった方位磁石が見られます。

浦祈祷祈願祭・浜芝居(恵比須舞)(3月)

春の訪れを告げる「浦祈祷祈願祭・浜芝居」は一年の豊作・豊漁を祈願する石屋神社の祭礼です。漁師町・岩屋ならではの浜の祭りで、午前中はえびす様と神輿を乗せた漁船が海上をパレードし、五穀豊穣と大漁を祈願して、鯛を放流します。午後には、石屋神社で恵比須舞(えびすまい)という豊漁を祈願する浜芝居が繰り広げられます。芝居の中で、えびす様が鯛を釣上げる場面は必見です。

恵比須舞のあらすじは、狩衣を着たえびす様が、釣竿を担いで庄屋さんの家へやって来ます。三こんの盃を飲み干したえびす様は、自分の生まれや福の神であることを話しながら舞い始め、豊漁、豊作、世界平和を祈りながら御神酒を飲み、その地に幸福を運んできます。酔ったえびす様は舟に乗り、沖に出て大きな鯛を釣り、目出度し目出度しと舞い納める、というものです。

春祭り(5月)

春祭りは島内主要神社の春の例大祭の最後を飾るもので、町内をくまなく練り歩く曳きだんじりは現在も受け継がれています。

秋祭り(9月)

 

「国生み神話 時空の旅」 へGO!

住所 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋799
TEL 0799-72-3155
備考

 

アクセス
JR山陽本線明石駅下車、徒歩7分明石港から淡路ジェノバライン13分、岩屋港下船徒歩6分

 

浜芝居(えびす舞):毎年3月第2日曜日開催

春祭り:毎年5月第2土・日曜日

秋祭り:毎年9月第2土・日曜日
 

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ