観光情報

  • カテゴリ:寺院
  • この情報をシェアする

国清禅寺/冬至祭

国清禅寺/冬至祭

淡路島で唯一の黄檗宗の禅寺で、南画界の第一人者・直原玉青和尚が復興し、画禅窟国清禅寺と名付けました。拝観を申し込むと、玉青和尚直筆の襖絵を鑑賞することができます。寺の隣には、滝川記念美術館玉清館があります。

冬至祭

冬至には無病息災を祈願し、中風・ボケ封じの南瓜と大豆の粥をふるまう冬至祭が行われます。これは勝算和尚が飢饉の折に粥を出して人々を救済したことから始ったとされています。

住所 〒656-0314 兵庫県南あわじ市松帆西路689
TEL 0799-37-3781
備考

 

営業時間:9時~17時
休み:不定休
料金:拝観料400円
アクセス:高速バス陸の港西淡下車、徒歩30分。

P30台(玉青館駐車場を利用)。

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

カテゴリ一覧

■見る・巡る

■遊ぶ

■泊まる

■温泉

■グルメ

■買い物

■その他

ページトップへ