観光情報

  • カテゴリ:寺院
  • この情報をシェアする

成相寺

成相寺

成相寺は、淡路島に流されてきた高野山の実弘上人が、高野山を模して建立したと伝えられています。本尊の薬師如来立像(国重要文化財)は平安初期のもので淡路島最古の仏像とされ ています。境内のイブキは実弘上人のお手植えであると伝えられ、市の天然記念物に指定されています。

「蛇磨岩」

その昔、成相寺の実弘上人の説法を毎日のように聞きに来る女がいました。上人がたずねると、女は「私は成相の谷に住む龍女です」といいました。実弘上人が寺の前にある大きな岩のために大雨の後水が引かず、人々が困っていることを話すと、女は龍の姿になり、その大岩を打砕きました。実弘上人が祈ると龍女は 角が取れ、天上へ帰って行きました。中門前の川底の「蛇磨岩」は、この伝説を物語る石です。

住所 〒656-0445 兵庫県南あわじ市八木馬回394
TEL 0799-43-5232
備考

お問合わせ先 : 南あわじ市社会教育課 

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

カテゴリ一覧

■見る・巡る

■遊ぶ

■泊まる

■温泉

■グルメ

■買い物

■その他

ページトップへ