洲本市立淡路文化史料館には淡路独自の文化の香り....
静に落ち着いて見学できる展示館。文化的な色彩が強い。淡路島独自の文化を知るにはここ!
洲本市立淡路文化史料館
北淡歴史民俗資料館 迫力の3500点が語りかける
なんと弥生時代の遺跡からの出土品が所狭しの感じで、驚いてしまう。明石の蛸!?古くからの食習慣であることに驚きつつ、それにしても淡路島は、どこでも掘れば遺跡が出てくるのではと思えるほど....遺跡が好きな人には堪らないだろう。製塩や海人族について知りたい人にはうってつけの資料館だ。
淡路市北淡歴史民俗資料館
弥生時代のタコ壺
タコ壺、タコ壺....タコ壺
貴船神社遺跡発掘時の写真
舟木遺跡の竪穴式住居跡
製塩風景 想像の図