7月5日のイベント

7月5日の誕生花はからいとそう [Sanguisorba hakusanensis 唐糸草]です。
花言葉は揺れる想い、自由な心
ピンク色のきれいな尻尾のような可愛い花です。長く伸びた紅色の雄しべの花糸が、中国からきた絹の糸に似ているところから名付けられました。日本アルプスなどに自生しています。最近は切り花としても人気です。

©企画オフィスポリシー 北脇榮次
http://policy1.info/

ホワイトガーデンショー

ホワイトガーデンショー

昨年大好評を得た日本初の食虫植物サラセニア中心に作るホワイトガーデンが登場。アジサイ、ユリ、デリフィニウムなどと作るおしゃれで面白いお庭です。

※入館料必要

江戸のハナショウブと和の演出

江戸のハナショウブと和の演出

ハナショウブは日本の伝統園芸植物の一つです。江戸時代は将軍から庶民まで花の文化が花開きました。
  その中でも独特の観賞法による育種をすすめたのが、肥後、伊勢、江戸です。江戸の町屋空間を舞台に、ハナショウブの古典園芸的な飾り方を伝えます。
  また、鹿おどし、水琴窟、ハス池、涌水、水路、滝等日本独特の水景で、水がもたらす静けさ、豊かさ、涼しさを体感していただきます。


※入館料必要

食虫植物展

食虫植物展

毎年大人にも大人気の「食虫植物展」 。今年も子供が大好きな食虫植物が勢揃いします!
  20~30cmのウツボカズラ、巨大サラセニア、など大きなものからハエトリソウ、ムシトリスミレなど小さなものまで大集合♪


※入館料必要

七夕まつり

七夕まつり

七夕まつり

絵手紙『私の宝もの』展

絵手紙『私の宝もの』展

“ヘタでいいヘタがいい”がモットーの絵手紙に出会って20年目。好きがこうじて絵手紙講師になって10年。たくさんの方々との出会いの中でいただいた『私の宝もの』展をご覧ください。


※入園料別途必要

”パソナの半農半芸ここから村のアートグループ” 

”パソナの半農半芸ここから村のアートグループ” 

パソナのアートグループが、それぞれの専門を舞台披露し、
和太鼓、タップダンス、SDNの淡路島のたまねぎの披露などでステージのトリを飾ってくれます!
また、あわじんのダンスとテーマソング披露もあります。

また、7月17日(日)淡路市 夏まつりでは、ステージイベントにも登場します!
今年のメインイベント!!


~耳より情報~

パソナの半農半芸ここから村のアートグループは、劇団四季にいたとか、プロのピアニストとか、タップダンスの人は、たけしさん監督のザトウイチで踊りを踊っていた人、スーツのCMに出ていた人なんですよ。

今回の淡路島のたまねぎは、商標登録記念を祝して、パソナの選抜メンバーで衣装から手作りして行ってくださいます。
ちなみに、あわじんに入るのもパソナさんです。

首に巻ける蛇とか、背中に乗れるカメもやってきます。

ページトップへ