10月8日のイベント

10月8日の誕生花はのぼたん [Melastoma candidum 野牡丹]です。
花言葉は謙虚な輝き
「かくも名に咲きて野牡丹濃むらさき」(大橋櫻坡子)牡丹のように美しいことからこの名がありますが、しかし牡丹とはまったく別の花です。濃い紫のものを「紫紺野牡丹」(しこんのぼたん) と呼ばれています。

©企画オフィスポリシー 北脇榮次
http://policy1.info/

山田ふるさとふれあいまつり/コスモス祭り

山田ふるさとふれあいまつり/コスモス祭り

コスモスの摘み取りや農産物の産地直売、さつまいも掘りがおこなわれる。

毎年500人くらいが参加し、淡路島の農村風情を体感できます。

うずしおガイド

うずしおガイド

 ボランティアガイドが、世界に誇る鳴門の渦潮の魅力やメカニズムを、紹介。たとえそのとき渦が巻いてなくとも楽しめるように、ご案内しています。ちなみに、全くうずの巻いていない鳴門海峡の夕景も圧巻です。(無料)
 また”定時”以外でも、予約していただければ、ご案内します。この場合、ガイドの交通費(1000円)だけお願いしています。
 ご昼食は、道の駅うずしおで「淡路島一尺丼」がオススメ。淡路牛をはじめ淡路の食材がてんこ盛りで1470円。

開館20周年直原玉青善縁コレクション展Ⅳ

開館20周年直原玉青善縁コレクション展Ⅳ

2005年101歳で没した南画家・直原玉青の追悼第4弾。玉青と親交を結んだ郷土史家が、戦後間もない時期から親子2代に渡って収集したコレクションで、ほとんどが初公開。月曜日休館。大人300円、学生200円、小中学生100円。

淡路花祭オータムフェスタ

淡路花祭オータムフェスタ

10月中旬~11月上旬 ローズガーデンオープン
10月16日 成相の竜女伝説ゲーム
 期間中「あわじ歴史浪漫クイズラリー」が、このファームパークと、おのころ島神社、大鳴門橋記念館、道の駅うずしお、うずしおドームなないろ館(うずしおクルーズのりば)で行われます。
 また、淡路花へんろ巡礼大会特別キャンペーン(11月27日まで)開催されます。
 園内の10万本のコスモス畑は、11月上~中旬が見ごろ。動物たちと触れ合うタイムは、11月6日以外の10~11月土日祝日15:00~。ふくろうのフライトタイムは、11月の土日14:30~。
 他にも淡路各地で、花祭関連イベントが目白押です。
ファームパークの入場料は、大人800円、小人(4歳以上)400円。15名以上は団体割引。

あわじアルチザンフェスティバル-空宙百華園-

あわじアルチザンフェスティバル-空宙百華園-

淡路島の花文化を堪能できる特別展が開催!

「花」「地域の自然・味覚」「伝統産業」「伝統文化」「アート」をコラボレーションさせたフェスティバルです。

◇空中百華園
10/1(土)~11/13(日)

◇あわじカフェ&マルシェ
10/1(土)~11/11(金)

◇あわじアルチザンオープンガーデンー職人たちの庭―
10/9(日)~10/10(月・祝)

◆入館料
大人1200円、65歳以上600円、高校生600円

◆団体20名以上
大人960円、65歳以上480円

室津八幡神社秋祭り

室津八幡神社秋祭り

宵宮では3地区のだんじりと年男の人が担ぐ御神輿を電飾で飾り、神社前にて練り合わせを披露するところが見どころで迫力があります。
本宮には布団だんじり3台に加え、厄年神輿1台、子供神輿2~4台の参加も見ることができます。

山田八幡神社秋祭り

山田八幡神社秋祭り

土曜日:宵宮
日曜日:本宮

つながり工場 洲本図書館前市民広場周辺の催し情報

つながり工場 洲本図書館前市民広場周辺の催し情報

私達は、洲本市民広場とその周辺を、洲本の顔として、 魅力ある空間にしたいと願い、緩やかに連携、協力する 「ゆるコネ」(緩やかなコネクションの略)会議を設立し、 人やまちの”絆”を生みだし(生産)、強める(向上) 「つながり工場」を操業します。

10月に洲本図書館前市民広場周辺にて様々な催しものを開催しております。

詳細はお問い合わせのホームページ(行事案内)をご覧下さい。

おすすめイベント

春のカーニバル

淡路花祭2019春

ページトップへ