10月16日のイベント

10月16日の誕生花はにしきぎ [Euonymus alatus 錦木(にしきぎ)]です。
花言葉はあなたの魅力を心に刻む
紅葉がとても美しいことから、秋の季語にもなっています。名前とおり、心に刻みこまれる錦のような美しさです。種名のアラツスは「翼(よく)のある」という意味で、枝や幹にコルク質の翼のあるこの木の特徴にちなみます。

©企画オフィスポリシー 北脇榮次
http://policy1.info/

鳥飼八幡神社秋まつり

鳥飼八幡神社秋まつり

土曜日:宵宮
日曜日:本宮
秋の例大祭は200年の伝統があり、舟だんじりや太鼓の総ねり、大網を引き合い豊作・大漁を占う「大綱引き」などが賑やかに行われます。中でも舟飾りと呼ばれる褌姿の若者達を乗せた2基の舟だんじりが御神輿のお供巡行に浜の社まで練り歩き、帰路に境内に続く13段の急な石段へ舟だんじりが昇り降りする様子は圧巻です。

パルシェ秋の感謝祭

パルシェ秋の感謝祭

秋の感謝祭

詳しくはお問合せください。

湊口八幡神社秋祭り

湊口八幡神社秋祭り

10月15日(土)宵宮
10月16日(日)本宮
豪快な「投げだんじり」が見物です。

ワークショップ「心のお絵描き!タイムスリップめがねで過去の記憶をとろう」

ワークショップ「心のお絵描き!タイムスリップめがねで過去の記憶をとろう」

「心のお絵描き!タイムスリップめがねで過去の記憶をとろう」
日 時:10月16日(日)14:00~16:00
参加費:無料
定 員:30人
講 師:赤松裕美子さん(心理カウンセラー)
内 容:
絵本の読み聞かせ
『かいじゅうたちのいるところ』
 モーリス・センダックさく じんぐうてるおやく 冨山房
ワークショップ
嬉しかったこと、悔しかったこと…みんなの心にしまってある、
いつかの記憶に会いにいきませんか?
タイムスリップして見えた記憶を 絵にしてみましょう!

鉄人陳建一炎の饗宴

鉄人陳建一炎の饗宴

「料理の鉄人」陳建一氏と南淡路ロイヤルホテル中国料理長・藤本禎久氏とのコラボレーションで、本場の四川料理が堪能できます。

開館20周年直原玉青善縁コレクション展Ⅳ

開館20周年直原玉青善縁コレクション展Ⅳ

2005年101歳で没した南画家・直原玉青の追悼第4弾。玉青と親交を結んだ郷土史家が、戦後間もない時期から親子2代に渡って収集したコレクションで、ほとんどが初公開。月曜日休館。大人300円、学生200円、小中学生100円。

淡路花祭オータムフェスタ

淡路花祭オータムフェスタ

10月中旬~11月上旬 ローズガーデンオープン
10月16日 成相の竜女伝説ゲーム
 期間中「あわじ歴史浪漫クイズラリー」が、このファームパークと、おのころ島神社、大鳴門橋記念館、道の駅うずしお、うずしおドームなないろ館(うずしおクルーズのりば)で行われます。
 また、淡路花へんろ巡礼大会特別キャンペーン(11月27日まで)開催されます。
 園内の10万本のコスモス畑は、11月上~中旬が見ごろ。動物たちと触れ合うタイムは、11月6日以外の10~11月土日祝日15:00~。ふくろうのフライトタイムは、11月の土日14:30~。
 他にも淡路各地で、花祭関連イベントが目白押です。
ファームパークの入場料は、大人800円、小人(4歳以上)400円。15名以上は団体割引。

あわじアルチザンフェスティバル-空宙百華園-

あわじアルチザンフェスティバル-空宙百華園-

淡路島の花文化を堪能できる特別展が開催!

「花」「地域の自然・味覚」「伝統産業」「伝統文化」「アート」をコラボレーションさせたフェスティバルです。

◇空中百華園
10/1(土)~11/13(日)

◇あわじカフェ&マルシェ
10/1(土)~11/11(金)

◇あわじアルチザンオープンガーデンー職人たちの庭―
10/9(日)~10/10(月・祝)

◆入館料
大人1200円、65歳以上600円、高校生600円

◆団体20名以上
大人960円、65歳以上480円

生田村 そば花まつり

生田村 そば花まつり

6月頃になるとホタルが舞う美しい農業地域。そば栽培で地域おこしをしています。

白いそば畑を背景に、そばの振る舞い、アトラクションや農産物の販売が行われ、楽しさいっぱいです。

第27回淡路国生みマラソン全国大会

第27回淡路国生みマラソン全国大会

(スタート&ゴール地点)淡路市立一宮中学校

おすすめイベント

春のカーニバル

淡路花祭2019春

ページトップへ