淡路島のうず潮

鳴門海峡のうず潮を世界遺産へ 淡路島のうず潮

うず潮の大きさは世界一!!

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋の足下。そこには、世界三大潮流の一つ、激しい潮の流れが滝のように押し寄せる、雄大な鳴門海峡が控えています。大潮の最速時には10.6ノット(約20km/h)にもなり、世界で3番目の速さといわれています。

太平洋と瀬戸内海から流れ込む潮流が、ちょうどこの鳴門海峡でぶつかり合ってできるのが「うず潮」です。 うなりをあげるこのうず潮は、自然が織り成す脅威といえ、そのエネルギーの巨大さがうかがえます。

鳴門海峡の潮流の速さは世界で3番目といわれていますが、海岸線や海底の地形の影響により、最大時 の直径が約30mともいわれる鳴門海峡の「うずの大きさ」は「世界一」になるといわれています。

現在、世界自然遺産登録を目指し、「兵庫・徳島「鳴門の渦潮」世界遺産登録推進協議会」を発足させて活動を行っています。

うず潮はどうやってできるの?

1.分かれて進む

紀伊水道に入った潮波は、鳴門海峡方面と大阪湾方面の2方向へ分かれて進みます。

2.鳴門海峡に到達

大阪湾側へ進んだ潮波は、5~6時間かけて明石海峡を通り、淡路島を1周して鳴門海峡に達します。

3.海面の高低差で海水が一気に流れ込む

大阪湾側から進んだ潮波が鳴門海峡に達し満潮になったとき、鳴門海峡方面へ進んだ潮は満潮を過ぎ干潮になっています。
この時の播磨灘側(満潮)と紀伊水道側(干潮)で海面の落差(段差)ができます。

海面の高い播磨灘から海面の低い紀伊水道へ一気に海水が流れ込み、海底の地形などの条件が揃って「うず潮」が発生するのです。
海面の落差は、大潮の時では約2mにも達するそうです。
鳴門海峡のうず潮は、潮流時速20km、渦の大きさが30mに達することから、「世界一のうず潮」と言われています。

うず潮の楽しみ方

鳴門海峡のうず潮は様々な方法でお楽しみいただくことができます。

  • うずしおクルーズ 咸臨丸(かんりんまる)
  • うずしお観潮クルージング船 ヘリオス
  • 道の駅うずしお
  • うずの丘 大鳴門橋記念館

淡路島について

  • 淡路島グルメ
  • 淡路島の温泉
  • 淡路島の歴史と神話
  • 淡路島の花と自然
  • 淡路島のうず潮

ページトップへ