観光情報

  • この情報をシェアする

三熊山・洲本城跡

三熊山・洲本城跡

洲本城跡は、市街地の南にそびえる標高133mの三熊山山上にあり、戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の拠点となった城で、現在は往時をしのぶ石垣が残っています。城郭は戦国時代の様式をよく表しており、保存状態も良く、国の指定史跡、兵庫県の指定文化財に指定されています。城跡には東西800m、南北600mの範囲に総石垣造の曲輪(くるわ)が見られます。大手門を南に、天守を北の最も奥の最高所に設けて紀淡海峡を見下ろし、はるか彼方に大阪・堺の市街地を望むことができます。
現在の天守閣は昭和3年に展望台として建てられたもので、模擬天守閣(展望台)としては日本最古のものです。(※ 現在、天守閣へは入場できません)
三熊山は、瀬戸内海国立公園に属し紀淡海峡を一望できる景色が素晴らしく、たくさんの貴重な植物も自生しています。春には山全体が薄紅色に覆われる桜の名所で多くの花見客で賑わいます。

周辺は公園として整備され、競馬場跡や芝居好きのタヌキで有名な芝右衛門狸の祠など史跡も多く残ります。

 

ボランティアガイドによる案内 (要予約)

西日本最大級の水軍の城と云われた洲本城のガイドツアーに参加してみませんか。ボランティアガイドが現地をご案内いたします。

参加ご希望の方は1週間前までに事前にご予約ください。

住所 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1272-1
TEL 0799-25-5820
FAX 0799-25-5821
備考

入場料: 無料
駐車場: 無料

問合先: 洲本観光案内所  

              〒656-0027 兵庫県洲本市港2-43  洲本バスセンター内

               TEL.0799-25-5820   FAX. 0799-25-5821


 

お知らせ

カテゴリ:その他

ゆうさん

投稿者
ゆうさん

投稿日時:2013年01月16日 15:47:19
天守閣の改修工事

改修工事が着工になります。ダンプが入るようにもなりますので、気をつけてください。
平成25年3月30日に式典が行われるようです。

ゆうさん

投稿者
ゆうさん

投稿日時:2011年11月02日 18:19:52
天守閣の改修工事

只今、天守閣の改修工事計画中により立ち入り禁止となっています。
目途がたっていないらしいので、ずっと入れません。

マップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。

ページトップへ